【現役ホステスが語る】銀座・六本木の高級クラブで働く売上嬢の給料

売上嬢の給料は完全歩合制

高級クラブに勤務するホステスは、その立場から大きく2つに分類することができます。

1つは、“売上嬢”と呼ばれる女性たち、もう1つは“ヘルプ”と呼ばれる女性たちです。

ヘルプの女性は“ゼロヘルプ”や“半ヘルプ”といった分け方をされることもありますね。

売上嬢は、“売上さん”や“売上ホステス”などと呼ばれることもあり、“レギュラー”と表現されることもあります。

売上嬢やレギュラーの説明と、この立場にいる高級クラブのホステスたちの給料事情について説明しますね。

高級クラブの“売上嬢”とは

高級クラブでは、固定のお客様を抱えており自らの実力などで売上をしっかりと上げているホステスのことを“売上嬢”や“レギュラー”などと呼び、ヘルプのホステスと区別しています。

キャバクラにはない永久指名制度があるからこその区別と言えますね。

高級クラブは、お客様の接客を担当するホステスがあらかじめ決められています。

キャバクラのように指名替えのようなことはできません。

そのため永久指名制度と呼ばれているのですが、つまりは、お客様がお支払いになった金額は全て係のホステスの売上となり、独占することができるのです。

レギュラーという言葉も、高級クラブの場合には同じ意味で使われます。

売上嬢の給料相場は売上の半分程度

ヘルプのホステスは日給制です。

それに対して、レギュラーや売上嬢、売上さんや売上ホステスなどと呼ばれる立場になると、お給料は完全歩合制となります。

時給や日給はありませんから、もし担当するお客様が月に1日も来店しなければ、その月のお給料は0円ということになりますね。

どのようにお給料の金額が決定するのかはお店によりけりですが、高級クラブの場合には、売上の50%前後が相場となっています。

この売上とは、もちろんホステスが担当するお客様がお支払いになった総額のことです。

例えば、あるホステスが担当するお客様が10人来店し、合計で1,000万円お支払いになれば、そのホステスのその月の売上は1,000万円ということになります。

もし仮にお店との契約で「お給料は売上の50%」となっていれば、そのホステスのその月のお給料は500万円となるわけです。

このパーセンテージは、お店との契約次第ですね。

人気のホステスともなればお店としても手放したくありませんから、60%や70%と、割合を上げざるを得なくなるでしょう。

銀座と六本木の高級クラブ平均給料

高級クラブに勤めるホステスのお給料システムが、売上嬢やレギュラーと呼ばれるホステスと、ヘルプのホステスとでは異なる点は理解できましたでしょうか。

システムの違いは理解できたとしても、それ以上に具体的に稼げる金額が気になるところですよね。

東京都内で高級クラブが多く立ち並ぶのは、銀座と六本木です。

売上嬢と言っても銀座と六本木では給料システムが異なるお店も多いですし、そもそもお客様が来店されなければお給料が0円になってしまうことを考えれば、なかなか平均給料金額を割り出すことは難しいでしょう。

銀座と六本木それぞれの特徴を踏まえながら、どの程度稼ぐことができるのかをお伝えしていきます。

銀座の高級クラブのホステスのお給料事情

高級クラブといえば、銀座を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

キャバクラの聖地が新宿歌舞伎町ならば、高級クラブの聖地は銀座と言ってもいいでしょう。

銀座の高級クラブで働くホステスのうち売上嬢と呼ばれる立場の女性たちは、顧客の利用金額によって収入がまるで異なってきます。

ただ、お客様が全く来店されないことは通常考えられません。

客単価は最低でも10万円前後となりますから、月の売上が500万円以上となるケースは決して珍しくないでしょう。

お給料が売上の50%の場合、ホステスの手元に入るのは、おおよそ月に200万円から300万円程となります。

これが銀座の高級クラブの売上嬢と呼ばれるホステスの給料相場となりそうです。

もちろんこの金額よりも低いホステスもいますし、数倍以上のお給料を受け取る売上嬢もいます。

銀座の高級クラブに通われるお客様は常連客がほとんどで、また、時間やお金に余裕のある方も多いですから、比較的安定して月に数百万円の収入が得られると考えておいて問題ありません。

六本木の高級クラブのホステスのお給料事情

一方の六本木ですが、こちらは銀座の高級クラブと比べると、キャバクラに近いお給料システムを採用しているお店が目立ちます。
特徴的なものが、“バック”です。

指名バックや同伴バックなどと呼ばれるもので、お客様がお金を使うたびに、係のホステスにインセンティブという形で報酬が入るシステムとなっています。

このバックシステムを導入しているお店では、ヘルプの女の子も歩合制で稼ぐことが可能です。

もしキャバクラとほぼ同様のシステムを採用しているのであれば、人気ホステスも時給制や日給制となっており、それにバックなどがつくことになります。

ある程度の人気が獲得できれば月に数百万円程度は稼ぐことができますが、相場は60~80万円といったところではないでしょうか。

ヘルプの立場が中心の女の子を除けば、銀座と同じように月に数百万円程度の収入は得られるでしょう。

銀座と同様に永久指名制度を採用しているお店であれば、高級クラブの売上嬢のお給料相場は月に200万円前後となるはずです。

六本木は銀座と比較してお客様の入れ替わりが激しいという特徴があります。

一時的に利益を上げた若い起業家や投資家などの来店が多いことが関係していそうですね。

そのためお給料の額も大きく上下する傾向があり、安定しにくい面が感じられるかもしれません。

売上嬢は稼げるけど、その分出費も多い

固定のお客様を確保することに成功し高級クラブの売上嬢やレギュラーと呼ばれる立場になることができれば、月に数百万円程度と、かなりの収入を得ることが可能となります。

しかし、その分出て行くお金もヘルプなどの女の子と比べると多い点は知っておきたいところですね。

・お客様へのプレゼント代
・ドレスなどの衣装代
・ヘアメイクなどの費用
・お付き合いなどの交際費
・タクシー代などの交通費
・習い事にかかる費用
・お客様のツケの支払い
・ノルマが達成できなかった際のペナルティー
・税金
・福利厚生費

全てのお店で全て負担しなければならないわけではありませんが、ホステスが支払わなければならない可能性の高いものを挙げるとこれだけのものがあります。

生活費などを工面してくださるお客様もいますが、ホステスが一切お金を使わずにお仕事をすることはほぼ不可能でしょう。

お給料の金額だけで考えるのではなく、出ていく金額にも目を向けながら収入に関しては考えなければいけませんね。