【体験入店ガイド】高級クラブで働くなら体入して実際に働いてみる

高級クラブで体験入店をする必要性とは

キャバクラでは当たり前のように導入されている体験入店のシステムですが、高級クラブでもこれを取り入れるお店が増えています。

ホステスを目指す女性が、より安心して働けるようにという配慮から、このような傾向が強くなってきているようです。

ぜひ、積極的に利用しましょう。
体験入店は高級クラブでもとても役に立ちますし、メリットが感じられるはずですよ。

体験入店のメリット

・ホステスの仕事内容や役割などを知ることができる
・お店の雰囲気を知ることができる
・ママやホステスのキャラクターなどを知ることができる
・男性スタッフの対応を知ることができる
・お客様の質や傾向を知ることができる

体験入店するメリットはこのようにたくさんあります。

知らない世界に飛び込むことは勇気が必要ですし、覚悟やリスクも伴います。

体験入店があれば、その勇気や覚悟は小さくて済むでしょう。

リスクも最小限に抑えることができ、お店選びの失敗も防ぐことができるはずです。

入店してから後悔しても、なかなか辞めることができませんし、簡単に他の店舗に移ることもできません。

その後悔をしないためにも、体験入店は重要な役割を担っているわけですね。

こうしたメリットや役割が、体験入店してから働くお店を決めて欲しい理由です。

高級クラブで体入する時の仕事内容と流れ

高級クラブで体験入店するまでの流れを紹介していきます。

1.求人サイトやクラブのサイトで働いてみたいお店を見つける
2.面接と体験入店の応募や申し込みを行い、日時を決定する
3.面接を受ける
4.接客に必要なレクチャーを受ける
5.実際にお店に出てお仕事を体験する
6.体験入店が終了したらお給料を受け取る
7.お仕事を続けるかどうかの判断をする

このような流れとなっていますが、面接と体験入店を同日に行えるお店もあれば、別々に行うところもあります。

もちろんこの点は女性の都合等にも合わせてくれるので、お店と相談して決めましょう。

体験入店時のお仕事内容ですが、通常のホステスのお仕事と変わりありません。

もちろんヘルプという立場でお客様と接することになりますよ。

・ママや他のホステスやお客様と同じテーブルに座る
・お話を聞いたりお客様などからの質問があれば答える
・必要に応じてお酒を作る
・テーブルの上を片付けたりなど細かい作業を行う

キャバクラと比較して、高級クラブのホステスは、体験入店のお仕事内容が少なめです。

未経験の子にお仕事をさせるほど、高級クラブはフランクなお店ではないからです。

基本的には座って愛想よく笑って雰囲気を良くする、というのが体験入店時のホステスのお仕事となります。

高級クラブでの体入Q&A

高級クラブでの体験入店で、多くの未経験の女性が気になる点についてQ&A形式でまとめたので、応募や申し込みをする前にチェックしておいてください。

「高級クラブの体入で必要なもちものを教えてください」

高級クラブへと体験入店する際の持ち物は、主に以下のものとなります。

・ドレス
・パンプス
・ストッキング
・メイク道具
・ヘアセットに必要なもの
・ヌーブラ
・手帳や筆記用具
・ライター

ほとんどのもの、特に接客に必要なものはレンタルすることができますが、お店により対応や必要なものも異なるので、事前に問い合わせて確認を取ることをおすすめします。

Q1.「ヘアメイクやドレスはどうしたらいいですか?」

ドレスやパンプスは貸し出しを行っているお店もあり、ヘアメイクに関しても、専用のお部屋や道具が用意されているお店もあります。もしくは、お店が提携している美容室でセットが可能な場合もあるので、そのあたりも問い合わせてみましょう。

また、ヘアメイクやドレスは、お店の雰囲気に合わせなければいけません。

事前にそれが分からなければ面接の際に質問するなどし、どのような形であれば浮かないのかを把握してから準備してください。

Q2.「体入で働いた分はお金がもらえるんですか?」

体験入店であっても、働いた分のお給料はちゃんと受け取ることができますよ。金額はお店によって異なりますが、高級クラブであれば、日給20,000円以上は受け取ることができるでしょう。

時給で換算するお店であれば5,000円から、高いお店では8,000円以上の高級クラブもあります。

Q3.「体入ではどれくらいの時間働くんですか?」

高級クラブは、営業時間そのものが4~5時間ほどとなっているので、その時間内で働くことになりますね。高級クラブの場合には日給制を採用しているため、営業時間丸々働くことになるケースが多くなります。

4時間前後と考えておけばいいのではないでしょうか。

体験入店=必ず本入店とは限らない

体験入店は、面接の後に行われるのが通常の流れです。
しかし、それによって必ずしも本入店(お店に在籍すること)が決定したことにはなりません。

体験入店はあくまでもお仕事体験であって、本入店するどうかを決める権利は、体験入店後の女性とお店それぞれにあるのです。

お店やママ、ホステスの雰囲気、客層などがしっくりとこなければ、本入店を断っても問題はありませんよ。